ネットでもっと自由に

ネット副業で月利100万円を目指します♪

戸隠神社五社参り♪旅の疲れを宿坊で癒し、七曲りでバスの運転手さんに感謝し、善光寺で旅の安全を感謝した旅。

戸隠神社五社参り 後編

 

戸隠神社 中社

 

戸隠神社の奥社と九頭龍社をお参りしたあとは、

バスに乗り戸隠神社中社に着きました。

 

 

小雨が降りやまず、水分を吸った

木の緑や土の色が濃く見え、山の空気と共に

重厚な雰囲気を醸し出していました。

 

 

 

f:id:hitsuji-log:20190904200031j:plain

午後1:38 バス停と中社の社頭

 

写真に写っていないのですが、

右奥には、いつも行列ができている戸隠そば屋さんの

「うずら屋」さんがありました。雨の日でしたが、やはり並んでいました。

 

f:id:hitsuji-log:20190904200644j:plain

社頭から階段を上って右手に三本杉があります

 

 

f:id:hitsuji-log:20190904201530j:plain

中社の社殿

 

 

さざれ滝

 

社殿右側奥の「さざれ滝」がパワースポットなのだそうです。

 

 

f:id:hitsuji-log:20190904203450j:plain

戸隠神社中社 さざれ滝

 

 

徳善院蕎麦 極意 (とくぜんいんそば ごくい)

 

奥社をお参りしたあと階段を降り、

左手に少し進むと、

徳善院蕎麦 極意 (とくぜんいんそば ごくい)という、

宿坊を兼ねたお蕎麦屋さんがあります。

 

そば粉で作られた串団子をいただきました。

コーヒーと蕎麦かりんとうも一緒に (*^_^*)

 

f:id:hitsuji-log:20190904205341j:plain

徳善院蕎麦 極意 (とくぜんいんそば ごくい)

 

 

戸隠神告げ温泉 湯行館

 

奥社から出て左手に進み、

徳善院蕎麦 極意 (とくぜんいんそば ごくい)を通り過ぎて

10分ほど住宅街を歩くと、

戸隠神告げ温泉 湯行館があります。

 

浴室はガラス張りで、林を見ながら入浴できます。

休憩スペースが広く、施設の中には温泉の他に、

ソバの食堂があり、みやげ物も売っています。

 

 

f:id:hitsuji-log:20190904210003j:plain

午後2:36 戸隠神告げ温泉 湯行館

 

当日中に、五社巡りをして、宿に着く予定のため、

駆け足の温泉となりました。

 

中社のバス停についてから、ここまで1時間です (^^ゞ 

 

湯上り汗だくで服を着て、外に出ると涼しかったですね~

 

中社バス停に戻り、バスが来る時間まで少しありました。

駆け足で参拝した中社境内に再度。

 



f:id:hitsuji-log:20190904212203j:plain

濃い霧に包まれています

 

 

f:id:hitsuji-log:20190904212120j:plain

樹齢700年を超える御神木

 

f:id:hitsuji-log:20190904212253j:plain

古来の御神木とされた樹齢800年を超える三本杉

f:id:hitsuji-log:20190904212622j:plain

近くからみる三本杉

 

戸隠神社 火之御子社(ひのみこししゃ)

 

中社からバスに乗って坂を下り、二つ目のバス停「戸隠営業所」で降車しました。

そして、進行方向の道路右脇の階段を降りて林の中に入りました。

 

f:id:hitsuji-log:20190904213057j:plain

戸隠営業所バス停からの階段の先

その先に、

戸隠神社五社の一つ、

火之御子社(ひのみしこしゃ)がありました。

 

 

 

f:id:hitsuji-log:20190904213550j:plain

火之御子社(ひのみこしゃ)

 

 

f:id:hitsuji-log:20190904213704j:plain

午後3:32



その後、五社の最後になる宝光社へ向かいました。

 

「神道」という、林の中を抜ける道を通って・・・

 

f:id:hitsuji-log:20190904214003j:plain

f:id:hitsuji-log:20190904214207j:plain

 

 

静かな森の中、後から突然聞こえた足音に飛びあがりましたが、

 

一人の女性が追い越して行っただけでした >^_^<

 

 

f:id:hitsuji-log:20190904214304j:plain




戸隠神社 宝光社

 

宝光社本殿の写真を撮り忘れてしまっていました。

林の中を抜けて、やっとたどり着いたので、気が抜けていたのでしょう (^_^;)

 

 

f:id:hitsuji-log:20190904214817p:plain 

五つの戸隠神社のなかで、最も標高の低い場所に位置するのが宝光社です。最初に参拝する人も多いことから、戸隠神社の入口と言っても良い神社です。

 

【宝光社】戸隠神社の由緒や駐車場・御朱印などおすすめ参拝情報

 

 

何かの情報により、奥社から宝光社の順で回るのが良いとのことで

そうしたのですが、一般的には宝光社から参拝される方が多いのですね。

 

 

f:id:hitsuji-log:20190904215407j:plain

宝光社境内からの階段

f:id:hitsuji-log:20190904215525j:plain

階段から宝光社本殿を望む

 

その後、宿坊に戻りました。

 

 

宿坊 山本館

 

 

f:id:hitsuji-log:20190904220222j:plain

戸隠宝光社バス停前すぐにある山本館

f:id:hitsuji-log:20190904220337j:plain

午後4:06 山本館玄関

 

外観も内部もとても高級な旅館みたいでした。

こんな素敵なお宿に、たった3組4名のみでした。

なんて贅沢 (^^)/ 

 

 

 

f:id:hitsuji-log:20190904220535j:plain

蕎麦懐石料理 前菜

f:id:hitsuji-log:20190904220851j:plain

ぼっちもりされた 戸隠そば

 

夕食は一組づつ衝立で仕切ってあり、落ち着いていただけました。

御主人が一品づつ丁寧に説明してくださいます。

 

品数が多くてお腹いっぱいなのに、

しめの戸隠そばまで美味しくいただけました。

お腹に余裕があれば、お蕎麦をもう一枚食べたかったな・・・

 

本当においしいお蕎麦でした <(_ _)>

おごちそうさまでした <(_ _)>

 

 

f:id:hitsuji-log:20190904221529j:plain

山本坊 朝食

 

宿泊者が希望すれば、宿坊境内内の神殿(戸隠神社ご分社)の朝拝行事に

参加することもできたようです。

 

こんなにおもてなしをしていただいて、


一泊2食付で、14,550円 でした。

 

 

同行を希望しなかったためお留守番をしている、

理解ある我が子に大感謝です。

 

ほんとうに、ほんとうにありがとう!!!!

(以後も風水気学開運旅行は続くのです・・・)

 

神様と大自然に癒され、

養育費をいただいている元夫にも感謝しなくては。

(私と一切交流がないことを良いことに内緒です)

 

 

長野市の七曲り

 

 

朝、山本館の目の前のバス停から善光寺に向かいました。

前日長野駅から戸隠までのバスは、バードライン経由だったのですが、

戸隠から長野駅へ向かうバスは、ループ橋経由でした。

 

ループ橋経由というのは、七曲りという急カーブを下ってゆくルートでした。

ものすごい急カーブかつ勾配が大きく、道幅がせまく、

もう二度と出会わないだろう、スリル満点な地点でした。

自分では絶対に運転したくない、できない!

 

高齢者が多い地域であり途中乗ってこられるかたはほぼ高齢者でした。

バスの先頭座席に座ろうとしている高齢者を、

運転手さんが、「あぶないから後ろに座ってください」

と言っていた意味がわかりました。

ひやひやしっぱなしでした!!

 

カーブの上には透明な屋根があり、そこに大量の落ち葉が積もっていました。

 

あの屋根は、落ち葉で車輪がすべらないように、

落ち葉をガードしてあったのでしょうか。。。

 

地元の方々の交通安全をお祈りいたします。

 

 

善光寺

 

 

f:id:hitsuji-log:20190904223905j:plain

善光寺門前

 

 

 

f:id:hitsuji-log:20190904224006j:plain

午前9:59 雨上がりの善光寺

 

最後に、

長野駅でアイス

 

f:id:hitsuji-log:20190904224220j:plain

うまいものセレクトショップ 久世福商店のアイス